HOME 診療科目 脳神経外科

診療科目

脳神経外科

イメージ画像

対象が成人の場合、脳神経外科が扱うものには主に、脳腫瘍、脳血管障害(くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞など)、脊椎・脊髄病変、頭部外傷、機能的疾患(片側顔面けいれん、三叉神経痛など)などがあります。

これまでの経験を活かして診療を行っています。


頭痛、めまい、手足のしびれ、など気になる症状がありましたら気軽にご相談ください。

以下の検査を行っています。

脳腫瘍、脳血管障害(くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞など)、脊椎・脊髄病変、頭部外傷、機能的疾患
(片側顔面けいれん、三叉神経痛など)など

診断やセカンドオピニオンにてお役に立てればと考えています。保存的治療(手術をしない治療)のなかには、当院で対応可能なものがあります

ボトックス治療

片側顔面けいれん、眼瞼痙攣、上・下肢の痙縮など

オレンジドクター

物忘れや認知症の相談にものっています。

【オレンジドクター】はこちら

担当医師紹介

卒業大学大分大学(昭和60年卒)
取得専門医日本脳神経外科学会認定専門医、
日本体育協会認定スポーツドクター、
日本医師会認定健康スポーツ医、
日本医師会認定産業医
所属学会日本脳神経外科学会、日本脳神経外科コングレス、
日本脳卒中の外科学会、日本脳卒中学会、
日本頭痛学会、日本定位・機能神経外科学会、
大分県糖尿病臨床医会、点滴療法研究会
コメント

院長 日下部隆則

院長 日下部隆則

ページTOPに戻る