HOME 診療科目 心臓血管外科

診療科目

心臓血管外科

イメージ画像

当院、心臓血管外科では主に、腕や足の閉塞性動脈症や下肢の静脈瘤、血栓性静脈炎の検査・管理・治療を行っています。

主な症状

お腹で拍動を感じる・・・腹部大動脈瘤

横隔膜より下の腹部大動脈に発生した動脈瘤で、大動脈瘤の中で最も頻度の高いものです。

特に、両側の腎動脈が枝分かれした後にできる瘤(こぶ)が最も多く、両側下肢へ分岐する血管が瘤化したり、逆に閉塞や狭窄を合併することがよくあります。

一定の距離を歩くとふくらはぎが痛くなって歩けない・・・閉塞性動脈硬化症

足の血管の動脈硬化が進み、血管が細くなったり、詰まったりして、十分な血流が保てなくなる病気です。

その為、血液の流れが悪くなり、歩行時に足のしびれ、痛み、冷たさを感じます。さらに進行すると安静時にも症状が現れることがあります。

足の血管が浮いて瘤のようになっている・・・下肢静脈瘤

下肢に青筋(静脈)が浮き出す病気です。

心臓から送り出された血管は動脈を通って足先まで流れ、足で使われた血液は静脈を通って心臓にもどります。下肢静脈瘤の状態では一部の静脈で血液が足に逆流してしまします。

そのため、むくみや、足がつる・だるい、静脈が張って痛いなど足がうっ血することで色々な症状が出ます。
また、静脈瘤の部分が赤く固いしこりになることがあります。
これは、血栓性静脈炎という状態で、下肢静脈瘤で血液が停滞し血栓ができ炎症を起こすことをいいます。


透析導入の基準は上記の通りになりますが、早期発見、早期治療をし透析導入をしない為にも、お早目の受診をお勧めします。

担当医師紹介

卒業大学九州大学(昭和38年卒)
取得専門医医学博士
所属学会日本外科学会、日本臨床外科学会、
日本プライマリーケア学会、日本脈菅学会、
日本透析医学会
コメント私自身高齢となりました。患者様と一緒に悩み、一緒に健康を保って行きたいと思います。

理事長・医学博士 清瀬隆

理事長・医学博士 清瀬隆

ページTOPに戻る