HOME 当院の取組み おしりの悩み

当院の取組み

おしりの悩み

痔について(症状)

日本人の3人に1人は痔で悩んでいるといわれています。
痔には大きく分けて「痔核(いぼ痔)」、「裂肛(切れ痔)」、「痔瘻」に分けられていますが、それぞれ症状は以下の通りです。


痔

痔核(いぼ痔)

痔の種類の中で、一番多い症状で痔全体の60%を占めるといわれています。
イボ痔は肛門周囲の静脈がうっ血して血管とその周囲の筋肉がイボのように凝り固まってしまう症状です。
内側(直腸)にできる「内痔核」と、外側(肛門)にできる「外痔核」の2つに分けられます。


裂肛(切れ痔)

女性に多くみられ、便秘などで硬くなった便を無理に排泄する際に、肛門に過度の負荷かが掛かることで起こる痔になります。
よく見られる症状として、排便後のトイレットペーパーへ血の付着と痛みです。
長期間続き慢性化してしまうと症状が大きくなり、排便後も痛みが続くこともあります。


痔瘻(じろう)

直腸と肛門の間に菌が感染して炎症し発症する痔のことを痔ろうといいます。
他の種類の痔と比べて痔ろうはやっかいな病気で、薬などの治療は難しく、当院では、手術が必要と考えています。
さらに、悪化すると、化膿し、膿(うみ)がたまった状態になるので、早期治療をお勧めします。


治療について

痔の治療は大きく分けて手術療法と薬物療法に分かれます。手術療法は症状にもよりますが、日帰り手術も可能です。
特に痔核は、従来の痔を切除する手術だと術後の痛みもあり、1週間近い入院も必要でした。
最近、全国的にも急速に症例数が増えている「ジオン(ALTA)注射」という薬物療法があります。
この治療は、「ジオン(ALTA)」という薬剤を直接痔核に注射し硬化縮小させるという治療です。
この治療法だと日帰り治療が可能です。

多くの患者さんから「こんなに簡単に終わるなら・・・」「こんなに楽になるなら・・・」「・・・早く治療をすれば良かった!」との言葉をいただきます。
早めに受診するほど症状は軽く済みます。「我慢せずに相談」が治療の第一歩とも言えるでしょう。
また、当院は診療科目が多数ありますので来院の際、人の目を気にせずに受診できます。
患者さんの生活リズムやニーズに合わせて無理なく治療を行っていきます。

どんな事でも どうぞお気軽にご相談ください。

 

来院時は予めご連絡お願いします。

詳しいお問い合わせは

電話番号:0977-25-1555

ページTOPに戻る